グローバル化の時代に

グローバル化の時代に何を学びどう生きようか。グローバル眼鏡の主観的ブログ。

あなたのモチベーションは20世紀型?21世紀型? 内発的or外発的動機タイプ無料診断テスト

f:id:global-megane:20161129230530j:plain

やる気スイッチを探しているあなた。

まずはこのテストを受けてみよう。

あなたがタイプXならば、もうそれは時代遅れのやる気かもしれない!?

 

内発的動機付けと外発的動機付け

モチベーションには2種類ある。

一つは内発的動機付けによるもので、「楽しみたい」、「やりたい」という内側から出てくるモチベーションのことだ。

もう一つは外発的動機付けによるもので「報酬」「昇進」など外側から与えられるモチベーションだ。

モチベーション3.0

 

 

モチベーション3.0はアメリカの政治家のスピーチライターとして活躍したダニエル・ピンクさんが書き、大前研一さんが訳したものだ。

この本の中では内的動機付け、外的動機付けによるモチベーションをそれぞれタイプI、タイプXと呼んでいる。

タイプI

外発的動機付けではなく、内発的動機付けを中心にした考え方と人生に対するアプローチ。自分の人生を自ら監督したい、新しいことを学び想像したい、世界に貢献したい、という人間に本来備わる欲求が力の源となる。

タイプX

 内発的な欲求よりも外発的な欲求をエネルギー源とする行動で、活動によって生まれる満足感よりも、その活動によって得られる外的な報酬と結びついている。

 そしてこれからの時代に必要になるモチベーション3.0とはこのタイプIだというのが筆者の主張だ。

著者ダニエル・ピンクの無料診断テスト(日本語訳)

自分がタイプIとタイプXのどちらなのか、筆者のHPにそれを診断できるテストが公開されている。下記のリンクだ。

www.danpink.com

 

この診断テストは英語で書かれているので、下にざっと訳を入れるのでもし英語がわかななければ参考にしながら受けてもらえたら嬉しい。 

診断結果は人によりまちまちだと思うのでここでは訳せないけど、グーグル翻訳などで大まかな内容は分かると思う。

もしタイプXと診断されたらモチベーション3.0を一読してみては。

 

[設問]

1. In my experience, if you give employees a lot of control over when and how and with whom to do their work, a lot less will get done.

(経験上、社員にいつ、どのように、誰と働くかの自由を与えたら仕事の進捗は遅くなる。)


2. I have some say over the people I collaborate with at work.

(職場で一緒に働いている人に対して口を出す権利がある。)


3. My work schedule is fixed, and I do not have much ability to change it to meet the needs of my non-work life.

(仕事の時間は決まっていてそれを変えることは出来ないので、プライベートでしたいことを十分にできない。


4. When I set out to perform a task at my job, I usually follow a fixed set of policies and procedures for that task.

(タスクをこなすとき、決まった手順を踏む方だ。)


5. A good athletic coach helps athletes understand that if they consistently work hard at specific skills, they will become better athletes.

(良いスポーツ指導者は、選手に特定のスキルを伸ばす努力をコンスタントにすればより良い選手になれると理解させる。)


6. The only reason I continue to do my current job is to earn money.

(私が仕事をする唯一の理由はお金を稼ぐためだ。)


7. In my work, I often experience "flow" -- the state of optimal challenge when I am totally engrossed in what I am doing.

(仕事でよく”フロー”を感じる。フローとはその時していることに夢中になっている状態。)


8. I don't really know the main purpose of the business or organization I work for.

(自分が働いている組織やビジネスの目的をあまり理解していない。)


9. Although one of the main reasons I work is to earn money, an equally important purpose of my work is to improve the lives of others or the world in some way.

(お金も大事だが、人や社会の訳に立つことも同じくらい大切なことだ。)


10. I set my own goals for myself at work, and I regularly review my own performance to see whether I am achieving those goals.

(仕事の目標を定め、定期的に自分のパフォーマンスを振り返っている。)


11. An effective way to motivate others to complete a routine, boring task is to give them explicit, detailed instructions, so that they don't have to figure it out on their own.

(退屈なルーティーンワークのモチベーションを高めるには、それをする人が自分でやり方を考えなくていいように、明確で詳細な説明をしてあげることだ。)


12. It's a good idea to give children a weekly allowance but only if, in exchange, they perform certain household chores.

(子供が家事を手伝ってくれた時にのみお小遣いをあげるのはいいアイディアだ。)


13. If you give students a lot of choice over what they study in school and how they complete their assignments, many of them will lose focus and have trouble succeeding.(生徒に何を勉強するか、どう宿題を終えるかの自由を与えると、多くの学生は集中力を失いうまくいかない。)


14. The compensation I receive for my work is adequate and fair, both relative to my co-workers and to others in my field who do similar work.

(私の給料はだとうだと思う。)


15. The people I am required to work with often make it harder for me to get my job done well.

(一緒に働く人が私の仕事をより難しくすることが多い。)


16. Most days at work, I have a lot of control over how I allocate my work time.

(仕事をする時間は自由に決められることが多い。)


17. My performance at work, and the performance of most of my colleagues, is carefully monitored by others to ensure that we are doing our job correctly.

(自分や同僚のパフォーマンスは注意深く観察されている。)


18. In my job, I am always working towards getting better at what I do.

(仕事では、常によりよくできるように意識している。)


19. Through hard work on intellectually challenging tasks, I can become smarter.

(やりがいのある仕事のほど自分は成長できる。)


20. I chose my current job primarily because the work is interesting and challenging.

(今の仕事を選んだ理由はそれが面白くやりがいがあったからだ。)


21. The main purpose of the business or organization I work for is to maximize profit.

(自分の働いているビジネスや組織の主な目的は利益を最大化することだ。)


22. The main way I get feedback on my progress and success in my job is through formal performance reviews given to me by my bosses.

(フィードバックを受けるのは主に上司からの正式な人事考課を通してだ。)


23. One of the best ways to keep students motivated to work hard in school is to show them why and how what they are studying is connected to the real world.

(生徒のモチベーションを保つベストな方法は、今学習していることがなぜ、そしてどう現実社会とつながっているかを説明することだ。)


24. It's important to tell children they are doing a great job as often as possible, so that they will have more confidence in themselves.

(できるだけ頻繁に子供を褒めるのは自信をつけさせるために重要だ。)


25. The most important job of a good athletic coach is to instill in his or her athletes a strong and focused desire to win.

(良いスポーツ指導者の一番重要な仕事は、選手を勝ちにこだわらせることだ。)


26. Parents and teachers should use praise only when a child has shown real effort or done something specific that is worthy of encouragement.

(親や先生は子供が何か努力したり奨励に値することをした時にだけ褒めるべきだ。)


27. I have very little choice over what I do each day at work.

(仕事において自分の裁量はほとんど無い。)


28. Helping to instill in students a strong desire to earn the highest grades they can in school is one of the best ways to promote learning.

(高い成績をとるように教え込むのが学習を促進する最善の方法だ。)


29. You can make boring work more engaging for others by explaining how that work contributes to a larger purpose or goal.

(その仕事がいかに大きなゴールのために貢献するかを説明することで退屈な仕事にモチベーションを持ってもらうことができる。)


30. If I were paid more money for my job, I would perform at a higher level.

(もっと給料をもらえたらもっと高いパフォーマンスを出すことができる。)