読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバル化の時代に

グローバル化の時代に何を学びどう生きようか。グローバル眼鏡の主観的ブログ。

【おすすめ手帳】デジタルvs手書き問答~スケジュール・タスク管理ではない役割~

f:id:global-megane:20161126181045j:plain

来る2017年に向けて手帳を買った。いつもながら本屋でめちゃくちゃ悩んだ。

たかが手帳なのだけれど、あーでもないこーでもないと、かれこれ1時間もいろんな手帳を開いてみては閉じを繰り返した。

その手帳を十分に使いこなせるかもわからないし、毎日ちゃんと使うかもわからない。 

でも、それによってスケジュールの管理の仕方も変わる気がするし、日記を書くモチベーションも変わってくる気がする。

大げさに言えば、どの手帳を使うかでその年の生き方が変わるような気がするから手帳選びは時間がかかってしまう。

手帳で何がしたいのか

手帳買う時にあれこれ夢見ることはこんなこと。

  • 効率よくタスク管理すること
  • ミーティングのメモや思いついたことをさっと書くスペース
  • 日記とかもそこそこ書いちゃう
  • なんか人生のモチベーションを上げる

これまでの手帳歴

ほぼ日手帳

 社会人になって最初に買った手帳がほぼ日手帳のウィークリーのもの。コンパクトでジャケットのポケットにも入るし、思ったより柔らかいので使い勝手が良かった。

ほぼ日手帳 2017 weeks ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー
 

 

陰山手帳

コンパクトなものではやっぱり書き込める量が限られてしまうなと思い次に使ったのが陰山手帳。見開きの左側はバーティカルタイプの週予定を書き込めるページで、右側は方眼で自由に書き込めるスペースがある。予定だけじゃなくその週に思いついた事のメモや日記など書き込める量が多くて好きだった。

ビジネスと生活を100%楽しめる!  陰山手帳2017(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2017(黒)

 

 

モレスキン

仕事で海外に住む事になった時に、日本の祝日ベースのものは逆に不便だなと思って買ったのがモレスキン手帳。飛び回っていた時期なのでハードカバーの頑丈そうなのが欲しかったので。

 

キャンパスノート

結局、既成のデザインにとらわれずに自由に書き込めるシンプルなノートが一番良いのではと思い。手帳ならば使わない期間があった時にそのページは空白として残ってしまうが、ノートならばそれはない。 

コクヨ キャンパスノート B5 B罫 40枚 5冊パック ノ-4BX5

コクヨ キャンパスノート B5 B罫 40枚 5冊パック ノ-4BX5

 

  

PC vs. 手書き手帳

結局タスクは手帳に収まりきらない

スケジュール管理、タスク管理を手帳でしていて常々思うのは、やっぱり手書き手帳よりPC・スマホの方が便利なんじゃね?ということ。削除、編集も簡単にキレイにできるし、PCで書き込んだことをスマホでも見ることができる。他人と共有することも出来る。

 

もう一つ、最近コミュニケーションツールがいろいろ出てきて、全てのタスクを一箇所にまとめるのは中々面倒で結局まとめようとしない。PCを開いたらSNSをチェックして、メールを見て、SlackとChatworkをチェックするみたいに結局複数のアプリを使う。もしかしたら下のような本を参考にしたら何か便利な機能があるのかもしれないけれど。

グーグルカレンダー
スラック
はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント

はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント

 
チャットワーク
仕事がはかどる!  コミュニケーションがよくなる!  チャットワーク【公式】活用ガイド

仕事がはかどる! コミュニケーションがよくなる! チャットワーク【公式】活用ガイド

 

 手帳に求めることはタスク管理とは別のこと

タスクたちが複数のツールから飛んでくる以上全てを手帳にまとめ管理するのは効率が悪そう。でも常にPC開いているわけでもないし複雑な作業をスマホの上でやるのも面倒。ローカルでスケジュールを確認できるものが欲しい気がして手書きの手帳が欲しくなる。

そんなデジタルvs手書きの堂々巡が続いてきた。

そして今年も書店の手帳売り場前に立った。

行き着いたかも

あれこれ見た後に、ふとビジネスライクな手帳が置いてある方の手帳を手に取ってみるとこんな説明が。

手帳は時代とともに大きく進化してきました。単純に「メモ」を取る第一世代の手帳から、時間軸が加わった第二世代手帳。そして現在多くの手帳がこの世代に属し、目標を定め、目標達成のための計画を記入し管理する第三世代手帳と変遷してきました。フランクリン・プランナーは、「原則に基づいた価値観にしたがって目標を設定し、計画し、実行する」という第四世代手帳であり、生産性の向上と真の充足感をサポートするツールとして、多くの方に愛用されてきました。

f:id:global-megane:20161126175010p:plain

f:id:global-megane:20161126175104p:plain

 

そしてこの手帳の最初の50ページくらいは自分の価値観を明確化してそれをベースに目標や計画を設定することにさかれている。

はっ、とした。

降りかかってくるタクスに振り回されるのではなく、自分の価値観をしっかり持って、大事なものからやる。

あれこれチェックしてしまうPCではなく、紙の手帳を一冊開いて自分の人生で大事なことって何かを考えていく、そんな時間。

そうか、いままで効率よく日々のタスクとか目標を書き込めるものとして手帳を捉えていたけれど、 手書きの手帳に求めてた人生のモチベーション的な温もりはこのことかと。

ということで2017年はこのフランクリンプランナーを使うことにした。

黒のテロテロのカバーのものを買ってしまったけど、今アマゾン見てたらデニムネイビーとかいろいろあるんだ。