読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバル化の時代に

グローバル化の時代に何を学びどう生きようか。グローバル眼鏡の主観的ブログ。

英語を身につけるメリット

何かとグローバルと付く時代。
 
グローバル戦略、グローバル人材、グローバル大学、グローバルハイスクール、グローバルとつく言葉の無いところの方が珍しいくらい。 どうしてこんなにグローバルと叫ぶんだ。 
 
よく見る理由は次のようなマクロな視点。
 
日本の人口が減る
日本の労働人口はもっと減る
日本のGDP順位が下がる
一人一人の生産性を上げる事が大切 
 
 2016年の日本の人口は1億2千6百万人、これが2050年には9千万人。しかも60歳以下の割合はどんどん減っていく推計で、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上になる。 
 
中国に抜かれ現在世界3位の日本のGDPは、予測する組織によって違いはあるがその一つでは2050年にはインド、ブラジル、インドネシアなどに抜かれ8位まで下がるという。
 
 一人あたりのGDPは世界で26位と、一人一人の生産性が低い。
労働力率も先進国の中では低い方だ。
 
だから働き方を改革しよう、女性や高齢者にも活躍してもらおう、そして国内市場は縮小するので世界を相手にしようとなる。
 

実際に行動に移す人って少ないと思う

ところが、実際にグローバル化に合わせてスキルアップするよう何かを行動に移た人が増えたとはあまり実感しない。
 
前いた会社は結構海外比率も高いところで、海外研修ってめちゃ美味しい制度があったけど誰も手を上げず結局人事が探して回ったり。 
 
なんだかんだ俺は私は日本で良いわ、ご飯は美味しいし、街中もキレイだし、犯罪も少ないし。 正直ずっと日本にいたい、という同僚が多かった。 
 

一個人として英語を身につけるメリット

英語を身につけるメリットには、例えば日本語で書かれている情報は世界の数%しかないので英語を身につけたらアクセスできる情報が増えるとか、外国人の友達ができる、仕事で海外に行ける機会が増る、プライベートで海外旅行に行ったときに便利とかいろいろいろあると思う。
 
でも私が一番のメリットだと思うのは、これだけグローバルと騒ぐ中で英語を話せる人ってそんなに増えてないんじゃないか、だとしたら話せるようになったら自分の市場価値って高いんじゃないかということだ。